<< 『蒼き鋼のアルペジオ−アルス・ノヴァ−』 #01 「航路を持つもの」 | main | 『蒼き鋼のアルペジオ−アルス・ノヴァ−』 #03 「要塞港、横須賀」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | by スポンサードリンク
『蒼き鋼のアルペジオ−アルス・ノヴァ−』 #02 「嵐の中へ」

B00FB3817A
TVアニメーション『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』第1巻 [Blu-ray]


上江洲誠 フライングドッグ 2013-12-27
by G-Tools


正直「うーん、どうしようかなあ」だった一話の感想を引きずったまま観たタカオ初登場回は、「おおっ、面白いやん!」と前のめりにさせてくれた良戦闘回。

「あっ、あっ」とか「がってん」とかいちいちかわええイオナの『くぱあ』が観られる貴重回!

くぱあ。






↓↓↓↓↓


『海洋冒険物』『潜水艦vs戦艦(この場合は重巡洋艦)のガチ戦闘』。対するはタカオ。台風の目の中に陣取って401を待ち受け、圧倒的火力をもって制圧する気満々ですが…


『蒼き鋼のアルペジオ』に求めていたものがはっきり現され、そのレベルがとても高くて観終わった時とても満足。「これ、面白いぞ!」と手応えをもらいました。



戦闘構成は原作寄り。根拠を示して戦況を読み、確証を積み重ねた上でバクチを打つというArkPerformanceらしい点もがっちり好感。確かに「最後は超重力子胞をぶっぱなして終わり」だけど、『火力では相手が圧倒的、こちらは様々な点で不利であることをちゃんと理解』した上で、『手持ちの火力を最大限に活かすにはどうすればいいか』の検証をしっかり行い、最も効果的なタイミングで使用しているから、面白いんですな。



タカオにスポットがあたりがちだけど、401クルーの活躍も味があってよいですね。ソナー主の静、機関長のいおり、副長の織部。(静は別経緯で搭乗したようだけど)エリートだった彼等が、約束された未来を蹴ってまで群像と行動を共にする。『上官と部下』だけじゃない、友人であり同志でもある彼等がかもしだす雰囲気は、なかなか居心地のよいものです。彼等がいたからこそ、群像はここまでがんばれなかったんじゃないかな。

あと水雷長恭平の使うインターフェイスが『タッチペン』が面白いなとw タッチパネルとかキーボードじゃないのが新鮮。間違わないのかなーとか思っってしまいますw

ところで、敵艦のタカオ。
全12話終わった後振り返ると、彼女が霧の中でも特に創意工夫に富んだメンタルモデルでした。『台風の目に陣取り、台風とともに北上する』。そのもうひとつの意味が明かされた時の「おお!」と、401の反撃の痛快さは、他に類を見ません。

もし、401に群像が搭乗していなければ(そして超重力砲がなければ)、401制圧も問題なかったと思えるほどの智将っぷりでしたよタカオさん。すっかり忘れられてるけどねw



原作でもU2501(アニメ未登場)戦の際、別命優先のためリソースをフルに使えない状態で苦戦を強いられながらも、策を尽くして敵に深い手傷を負わせてますから。霧の中でも最も進化したメンタルモデルなのでしょう。すっかり忘れられてま(r



…まあ、この後はチョロインの名をほしいままにするんですがね!w

そんな訳で、何度も観返しては面白さを堪能できる、『海洋冒険活劇』の面目躍如の回でした。観て損はなし!




★原作コミック。アニメ1〜2話分相当。kindle版もあり
4785933755蒼き鋼のアルペジオ 01 (ヤングキングコミックス)Ark Performance 少年画報社 2010-04-30by G-Tools

★アニメの設定資料集


★アニメの設定資料や艦船模型作例を多数収録した1冊
4798607541蒼き鋼のアルペジオ‐アルス・ノヴァ‐BLUE RECORDホビージャパン 2014-02-26by G-Tools




| comments(0) | trackbacks(0) | by LINTS
スポンサーサイト
| - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aquavitae2011.jugem.jp/trackback/96
トラックバック