<< 強膜炎その後 | main | 『 #平清盛 』という現象 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | by スポンサードリンク
『成長』
肉体的なこととは、また別の話。

『成長する』とは、いい子になることではないはずなんだけどな。

でも、世間で言う『成長』とは、社会的折り合いをつけていくこと、世渡りがうまくなること、人様に嫌な思いをさせずに自分の意思を伝えること、という印象が拭えない。

世の美徳とされる『成長信仰』から一歩引いてしまうのは、どこかで胡散臭さを感じてるせいなのかもな。私が成長に似た言葉は、『目覚める』で、もっと生命の根幹を表現するようなものに近いと思う。成長でもいいんだけど、何かが微妙に違う。その違いがなんなのか、まだよく分からないけど。



久々にブログに投稿。生きてます(笑)
| comments(2) | trackbacks(0) | by LINTS
スポンサーサイト
| - | - | by スポンサードリンク
コメント
『気付く』というのもありではないでしょうか?

それは自身に対すること

他者に対すること

環境に対すること


解にはほど遠いかもしれませんが
| ユーシス | 2012/10/13 11:57 PM |
ユーシスさん>
うん、たぶん「他者と自分との折り合い」
なんだろうなあ、とも思います。

それもひとつの言葉の形ですね。
| LINTS@市場担当 | 2012/10/16 10:35 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aquavitae2011.jugem.jp/trackback/79
トラックバック