<< 『劇場版 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- Cadenza』 | main | 連続テレビ小説『あさが来た』第二週 「ふたつの花びら」 #あさが来た #朝ドラ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | by スポンサードリンク
連続テレビ小説『あさが来た』第一週 小さな婚約者 #あさが来た #朝ドラ
朝ドラはけっこういろいろ見ているけど、半年間通しで感想を書こうと思ったのは初めてです。世間はすでに第三週も終わりかけているのに、やっとこさ第一週です。いやはや大変でした。ざっくり見た目は「んー、するする入りすぎて書くことないかも…」だったのに、いざ着手すると書くことだらけでもう。こんなに見所満載なドラマは久しぶりかもしれません。

大変すぎて、正直ラストまで走りきる自信はありませんが、とりあえず続けられるかで続けようかと思います。

下記からスタート、ネタバレあります。なかなかまとまってませんが、その点はご笑納をば…




第一週は今井あさとその家族が中心に、あさと姉はつの嫁ぎ先である大阪加野屋、山王寺屋、さらに五代才助との邂逅が描かれる。

原案(『原作』ではない点もうまいなと)は古川智映子著『小説土佐堀川』。それを元にオリジナル要素を膨らませたもの。



『朝ドラ初の江戸時代』という大きな冒険でスタートし、モデルとなった広岡浅子の人生が文字通り『経世済民の女』を地で行く波乱万丈なものだからこそ、第一週を手堅く固めたのだろうと考える。

とにかく観る側への感情移入のアプローチが非常にうまくて恐れ入る。こんなに丁寧な創りのドラマは久しぶりな気がする。特に前作で濁りきったソウルジェムが、たった1話2話で浄化されるというのはどういうことだってばよ!w


第一週のテーマは『紹介』『顔見世』とでも言ったら良いかも。

一ヶ月〜三ヶ月の前半戦を彩るキャラクターを見せることで登場人物との関わりを印象付けるとともに、両替屋という江戸時代特有の職業を通して当時の風俗や世相という背景を上手に説明している。

うるさくないアナウンサーや、隅々まで行き届いた所作、『代々の豪商(成金ではない)』という設定にふさわしい洗練された大道具小道具。着物の美しさもさることながら、役者さんの演技のレベルが非常に高い上、展開にそつがない。

このドラマ、例えるなら『友禅流し』のよう。厳冬の清流で美しく色づけされた反物が流れの中で揺らめくような。その色づけは華美であるが過剰な派手さはない。とかく印象に残ろうと間違った努力をし、結果的にあざとさだけが残るような『作り手のでしゃばった欲』が無い。

あるいは『白飯と味噌汁』。それも米を正しく磨いで炊き、出汁をちゃんと取った味噌汁のようなもの。

逆に言えば、ある意味激辛カレーや脂こってりステーキ、クリームたっぷりのケーキに比べると毎日食べるには物足りないだろう。そういうタイプのドラマが好きな方には、「安易で単調、先が読めるしつまらない」と評されても仕方ない。

ただ、「『対立や諍い、嫉妬と言うネガティブな刺激=即、現実を描いている』とは、実は言い難いもので。そもそも「刺激を受けることで考えることが出来る」という思考は、ある意味薬物的なものに頼るようなもので、次第に心は麻痺、より過激なものを求めてしまい、最後は心身共に疲れ果て、そんな自分を擁護するためにドラマそのものの評価が曲がってしまうことも少なくない。

そんな『諍いや対立こそ現実、現実を見せてこそのドラマ』という視点で言えば、『あさが来た』は一見、何の波風も立たない、ごくごく当たり前の家族の描写にすぎない。決められた婚約者の下に嫁ぎたくないそれは、恵まれすぎたお嬢様の贅沢な悩みであり、ある意味物足りないかもしれない。

しかし、下手を打てば単調な文切り芝居に陥るところを、『あるべきことをきちんと描き、必要のないことは書かずに省く』ことを徹底したことで、きめ細やかな磨きのかかったドラマになった。時代の描写、考証のあり方、価値観の提示、それぞれの人々の心情。『波風立たない、当たり前すぎる平穏な幼少時代の中、漣のように沸き起こった婚約者問題と解決』は、小さな必然の積み重ねを逃げずにきちんと描いたことで成功したと言っても過言ではない。そしてドラマに対する確たる信頼の礎になったことは間違いなく、たとえいっとき視聴率が落ちも、この点だけはブレずに最後まで貫き通して欲しい所存です。


さて、第一週で描かれる幼少期のあさ。お転婆すぎるお転婆の女の子を取り囲む、姉、両親、女中、そして許婚。豪商今井家の代々の決まりごととして、娘は親が決めた他家へ嫁ぐ。

「なんでやの?」と疑問をあからさまとするあさ。
「そんなもん」と、我慢強く従う姉のはつ。

子役二人の演技もあいまって、愛らしいことこの上ない。何より二人がお互いのことが大好きで、想いあっているのがすごく良い。下手なドラマだと妙な対立志向や下種な嫉妬を混ぜたりするが、不必要なマイナス感情がない分上品で育ちがよく見える。

また、この『不必要な対立感情や下種な嫉妬心』がない為、逆に二人の対比が色鮮やかに描き出されて、双方の許婚にも波及している。ふんわりとした遊び人、次男坊の新次郎。無表情な『白蛇』はんの惣兵衛。加野屋、山王寺屋の雰囲気にも反映され、はつの苦労が今から想像がついて仕方ない。

この姉妹を時に厳しく、時に優しく、手塩にかけて育てる父親と母親の存在がまた良い。特に父親役の升毅の「こら、あさ!」のどなり声が全く耳障りでないのは特記事案。感情的な怒鳴り声でもわめき声でもない。裏にちゃんと娘を心配する父親の愛情を感じられる知的な怒鳴り声だ。

母親役の寺島しのぶも、はまりすぎて素晴らしい。『剣客商売』の三冬さんだったのに、とちょっとしみじみしてしまう(笑)。

この二人が説くのは「女子は学問などもってのほか。殿方を喜ばせる芸事を嗜み、ひたすらお家を支えることが大切」。実はこの価値観こそが重要な『あさが来た』のキーワード。当時の常識をきちんと唱えてこそ、あさの先進性が映えるというもの。

同時に、この古臭い、今の時代にはそぐわない考え方でも当時は至上のものとされ、それが湾曲なくきちんと観る側に伝わってくるのが実に良い。そこには当事の価値観と大店としての責任を果たすべく努力する一組の夫婦であり、同時に二人姉妹の両親として、「嫁ぎ先で幸せであって欲しい」、出来の悪い娘は出来の悪いなりに、我慢強い娘は我慢強いなりに、心配の種なのだときちんと描かれている。

『お家のため』は嫁ぐ娘だけでなく、嫁がせる両親にとっても、逃れなれない宿命なのだと悟ることが出来る。双方の視点があり、多角的なものの見方ができる。そこが『無理やり嫁に行かねばならない』感というストレスにならずにすんでいるのだ。

もちろん、このままではあさという存在の方向性が見えなくなる。あさの性格と両親の価値観の衝突だけでは、物語は煮詰まってしまう。だから、あさの存在を全肯定してくれる『おじいちゃん』がとても大切なのだ。

「なんでや思うて立ち止まることができるから、あさはえらい
 なんでや思う人間が、世の中を変えていく。前を向いて進め。」

そして

「女子には、女子のやわらかい良さがある。今は時代の変わり目。
 みんなで力を合わせ、切り抜けていくんやで」

今の時代、誰もが当たり前だと思うことが、実は当たり前でないこと。その視点で、新たな時代の価値観の礎となったひとりの女性の生き様の、始まりの物語でもあるのだ。


以下、1話づつを簡単にまとめています。





↓↓↓↓↓
■1回目
1901年(明治34年)、日本初の女子大学の学長となる白岡あさの挨拶から一転、1857年(安政4年)の『お転婆すぎるお転婆』だった少女時代の今井あさへ。

凧を背負い、木の上から鳥のように飛び立とうとするあさはお転婆なワンシーンでもあり、後の世の彼女の生き様を象徴するカットでもあり、後の大きな伏線でもあったりするのですが。

子供の頃から繰り返される「女のくせに」「女だから」「そういうもんだから」。『京都随一の両替商今井家の娘』だから、生まれた時から婚約者が決められ、お家のために嫁がねばならない。疑問を持つことすら許されず、そういうもんやという生き方しか選べなかった時代。あさの「なんでどす?」は、今はまだ親にとって反抗的な態度でしかない。

「学問は特別やない。存分に学びなさい。みんなが笑って暮らすには、女性のやらかい力が必要なんです」

入学した女性達に語られる『学問は特別やない、存分に学べ』。男女共学が当たり前の平成の時代からすれば、当たり前すぎて気にもかけない言葉の意味。『みんなが笑って暮らすには』『女性のやらかい力が必要』だとはっきり宣言する、あさの人生価値観。これは一人の女性の立身出世物語でもあり、後に女傑と呼ばれる明治の実業家の苦闘の話でもあるけれど。


■2回目
1861年(文久元年)。

お転婆なあさを育む家族と、彼女の許婚の存在。そして、武士に金を貸しても戻ってこない時勢。『あさが来た』の世界が、少し広がった2回目。

父親が学問を禁るのは「昔からのしきたり」故のものであると同時に、嫁ぎ先でうまくやっていけるようにとの親心でもあり。だから、立場に縛られない、自由な視点の「おじいちゃん」が必要なものうなづける。

おじいちゃんもまた『変わり者』である事実。両親の回想から「あさを男として育てたらよい」と、トンデモ提案をするおじいちゃんの過去が示される。

そのおじいちゃんも、「しきたり」の中で生きてきた人間ゆえ、「おなごは、なんでお中元みたいにもらわれなあかんの?」 あさの質問に、実はおじいちゃんは答えられない。その代わり、「あさは偉い。なんでや思うて立ち止まる。なんでや思う人間が、世の中を変えていくんや」と励まし、未来を提示してくれる。この『励まし』が『はぐらかし』にならないのが、『あさが来た』の見えざる説得力なんだろうな。

見上げる姉はつと、姉に木の上から見える景色を教えるあさ。この、二人の対比構図はそのまま二人の生き様になるのだろう。


■3回目
父と共に大坂へ来たあさとはつ。あの「食パンかじって角曲がったらイケメンとぶつかっちゃった(テヘペロ)」的展開に大笑い。パンじゃなくてピストルだったけど。

この後の追いかけっこといい、かなりコミカル仕立てでも許せるのは、前二回がしっかりつくってあったから。

あさでなくとも、散々追い掛け回され体中をベタベタ触られ、一言の侘びも無く「女子と話す暇はなか」と立ち去っていく輩には、「それでも日本男児か」と言いたくなるよなー。その上で失礼な口を利いたと、さっと謝ることが出来るあたり、今井家での躾がきちんとなされているなと納得ポイント。ナレや台詞で「厳しく躾けられました」だけでなく、演技が伴ってこその説得力かと。

で、『厳しい躾=見た目の印象を良くする手段』を身に着けたからこそ、女中うめの「心から思うてないことを言うのが女子の得手」が映えるという二段オチ。もちろん、あさにそれが出来ないと解っているからこそのツボなのですが。

そういえば『心から思うてないことを言う』ことが苦手な御仁がもう一人。新次郎のお母さん、よのさんでした…(笑)。あさに負けず劣らず大雑把な方だと分かった後で見返すと、うめの台詞とあいまってじわじわ面白くもあり。

正吉は「新しい時代の予感」を感じつつも、「昔からの人情、果たすべき義理は大切にすべき」と考えている人。その物腰にふさわしく、旧きを重んじつつ柔軟性に富んでいる様子が垣間見えます。

新次郎さんは、この時はまだ正体不明のアホぼんそのもの。遅刻して来て、あさの手を取って同じ目線でにっこり笑うあたりは女子の扱いにも長けてるなーと思いつつ、さっさと逃げてしまった件。そつない身のこなしなのに畳の縁はほとんど踏んでないし、折り目正しい挨拶もあいまって、つかみどころのなさはナマコの如し。


■4回目
コミカルな白岡家とは反対に、どこか陰鬱な山王寺屋眉山家。ここはもう『不安で押しつぶされそうな』子はつと、ラストの姉妹の涙にただただ圧巻されましょう。

能面白蛇はんの惣兵衛、何かと口を出す母の菊が「本当に、うまくやっていけるんだろうか」と言う不安を掻き立てる。ここまで、はつという娘が「親の期待に応える、我慢強く、わがままを言わない優しい子」として描かれているから、一人ぼっちになったシーンの心細さが痛いほど伝わってくる訳で。当事の『女子のたしなみ』をこころえ、人さまに褒められるということは、『自立する術を持たない』と同義語なのだとも言える。いずれ訪れる『新しき風、新しき時代』の世の前に、山王寺屋がどんな道を辿るのか。うっすら予見させる15分でもあります。

ただ、新しき風の申し子たる薩摩の若き獅子、朝ドラデビュー(笑)の大久保一蔵ともども、五代才助もまた世間を知る修行の身。彼が叫んだ「大坂商人なんぞ、この才助が潰してやる」は重要な伏線


■5回目
1861年(文久元年)。
第一週の、大きなおおきな山場。
目をそらさず「学問がしたい。自分の道は、自分で選びたい」とはっきり宣言する子あさ。彼女の願いは、ただ、大好きなおねえちゃんと幸せになりたい。そのささやかな願いが、日頃の『何でやの?』とあいまって、小さな身体いっぱい膨らんで、父を圧倒する。

あさは直感する。自分自身を助け周りの人々を救うためには、学問が必要なのだと。『学問』とは、闇を照らす星のようなもの。自分の生き方が分からない時、道を示してくれる羅針盤。何より、自分の知らない世界がこの世に無数にあり、それに触れられることの喜びは何者にも代えがたいことを、あさは知っているのだ。

そのあさに贈られる赤いそろばんと、新次郎の言葉。

「よう考えて、ようよう考えて決めた道には、必ず新しい朝が来る」

あさの人生の全てに重要な台詞がぎゅっと凝縮された15分でした。

あさはお姉ちゃんが好きだ。何事にも自分より人を優先し、誰よりも芸事に秀で、優しく美しいお姉ちゃんが大好きだ。

同時に、自分がお姉ちゃんのように、上手に生きることが出来ないことに、ひっそり傷ついている。両親が姉を褒めるたび、ちょっと落ち込んでいる姿がさりげなく映っているから、それが分かる。
それでも、ひがんだり嫉妬したりひねくれたりせず、素直に明るく、お姉ちゃんが大好きだと言えるよう育った。だから、姉の涙に驚き、何とかできないかと考え、最後は父に反抗する。

そんなお互いを思いあう姉妹になったのも、両親の愛情の賜物であるといえよう。父が厳しく叱るのも、母が優しく言い含めるのも、『娘が将来苦労しないため』の親心。また、はつにははつ、あさにはあさの心配の種があり、良くも悪くもえこひいきがないい。何より、親の叱り方が理不尽なものでないから、愛情がストレートに伝わる。観る側に余計な負荷がかからない分、『幕末の豪商家族の持つ品格』がちゃんと伝わってくるのだ。これはほんと、ありがたい。

また、子を叱る父もまた自らの非を省みる力量がある。週前半は、あさのおいどを叩いていたが、加野屋の正吉に諭され、今回はしっぺに変わっている。また、婚約相手でもある大坂の両替商の気風もしっかり目を配っている。細かいことだか、こういうことの積み重ねが、後の『大きな決断』の説得力となっているのだ。


■6回目
5回目のラスト。おじいちゃんの独楽では開かなかった『天岩戸』を開いた、赤いそろばん。1回目、パチパチはんがお気に入りだと分かった小さな婚約者への、新次郎からの粋な逸品。

そして、母の梨恵からもたらされた事実は、小さな子供には本当に「びっくりぽん」な出来事で。…うん、正直、これを指して「あさは姉はつの幸せを奪った」とは正直云い難い。あさ本人が我侭を言った訳でもない上、子供の預かり知らぬところで起きた、大人の身勝手な申し出な訳で。

そこで知る父の本心と新次郎の申し出は、「なぜ、女子はお家のために、お中元のようにもらわれなあかんの?」の疑問の答えにはなってはいない。ただ、彼女の心を少し溶かすには充分な力はあった。同時に、姉に対する小さな後ろめたさ。いつか、この事実がはつに漏れた時、この仲の良い姉妹に波風は立つかもしれない。しかし、この二人なら、きっと乗り越えられる、そう信じるに値するだけの『力』が、第一週にして見事に構成されたのだ。

そうして贈られる、おじいちゃんの言葉。
「今は時代の変わり目。皆で力を合わせ、切り抜けていけ」

我々視聴者は神の目線で『幕末』であると知っている。しかし、かの舞台で生きる人々は、徳川の世への不安はあってもいきなり終わるとは誰も思ってはいない。こと、末端の庶民に関してはその気配も感じないだろう。アバンで今井の父がぬるま湯に浸かった大坂の商いに業を煮やし、「御公儀を見限る時が来たのかもしれん」に鳥肌が立ったのは、「それでも機を見て敏に聡い人が『何か』を察し、この時から明治という時代の礎を築いてきたのだ」を鮮やかに見せたからだ。

時代を創ったのは、一部の侍や偉人だけではない。商人や起業家といった『庶民の担い手』達もまた、時代の先鞭を取ったのだ。

朝ドラの枠を厳守しつつも、あらゆるドラマのスケールを凌駕。大きく化ける予感の『あさが来た』。このまま最後までブレずに突っ走って欲しいものである。

| comments(1) | trackbacks(0) | by LINTS
スポンサーサイト
| - | - | by スポンサードリンク
コメント
こんにちは、ツイッターの方も拝見させていただきました。
うめの髪型ですが、つぶしじゃなくて「かけおろし」だと思います。つぶしより髷尻が下がり気味で丈長が髷のサイドからするっとでています。京都の商家の女中さんの髪型だそうです。
| さつき。 | 2016/05/27 3:22 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aquavitae2011.jugem.jp/trackback/135
トラックバック