<< 『ダンジョン飯』1巻 | main | 『かみあり』6巻 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | by スポンサードリンク
『白暮のクロニクル』6巻/壁のない迷宮

不老不死の種族“オキナガ”が存在する日本。主人公はオキナガの少年(実年齢88)雪村魁と、そのオキナガを管轄する厚生労働省『夜間衛生管理課(通称やえいかん)』の新人役人伏木あかり。

−−−2015年。
若い女性が殺され、内臓の一部が抜き去られた。その手口は“羊殺し”そのままだが、魁は疑問を持つ。確かに『今年』は羊年。しかし“羊殺し”は年末に現れるが、まだ9月。自分の推理が間違っているのか、それとも…。

ゆうきまさみは熟練のストーリーテラーであり、『白クロ』は一流のミステリーであると確信した6巻。これまでもそうだけど、適切に散りばめられた伏線を適切なタイミングで回収。その『伏線』も、読み返して「これか!」と思うほどたわいない世間話やバカ話の中に、自然に混ぜられている。しかも、目の前の事件は解決したのに、“羊殺し”の謎は深まるばかり。

陰惨な殺人事件、人間の暗部を描き出しているのに、かもし出す雰囲気はユーモラスでありエレガント。『描きこみ過ぎない絵柄』浮かび上がる独特の作風は、海外ドラマのそれに似ている。

特別な人間が特殊能力を用いて解決する展開ではなく、登場人物はあくまで『市井の人々』。あかりを初め、中心になるのは厚労省の役人。他の推理ものなら『小役人』と嗤われるだろう彼らの、職務を全うしようとする心意気が、この物語の背筋をしゃんとさせてくれ、読んでて気持ちがいい。

それはオキナガも同じ。図らずも人外となってしまったが、特別な力があるわけでもない。時に暴走し、盲目的となる雪村の心に横たわる深い悲しみが、オキナガも我々人間と同じであると教えてくれている。

あかりと雪村の過去の因縁が結びつき、“羊殺し”を廻る物語がひとつの転機を迎えた本巻。この先どうなるかが楽しみでならない一冊です。




以下、だらだらとメモがてらの所見です。ネタバレ満載ですのでイヤな方はご注意ください。




↓↓↓↓↓


↓↓↓↓↓

読み終わった直後の第一印象は「なんだろ…この、大きな『何か』を喪失した感」でした。雪村やあかりと言う狭義の意味で無く、種としてのオキナガにとっての。そしてマスコミへのアウトプットとして一番『まともな記事がかける』人物を亡くしてしまったということ。

もし彼女が殺人を犯さず、ただのしたたかな週刊誌記者だったら。“羊殺し”の記事も、一般マスコミと違いセンセーショナルに書き立てることなく、きちんと取材をし勉強を重ね、(週刊誌にしては)民衆へ最適な形でのアプローチができたはずだろうに、と。



ただ、彼女が人を二人も殺した時点でもう後戻りは出来なかった。『壊れてしまった』彼女は、さらに神戸行きは決まっていて、物証を提供できなかった雪村にはどうすることもできなかったのも事実なのですが。

4巻・5巻ともに『事件は解決したが、結果的にオキナガ行政は追い詰められている』状況になってる訳で。4巻は政治における親オキナガ派の力を削ぎ、5巻でオキナガ行政そのものへ疑惑の目が向けられている。6巻の結末で民衆の感情装置を最も刺激を与える部位の『良心』が失われた状態になってしまった訳で。

これらが今後、雪村やあかり、そして“羊殺し”にどう反応するのだろう。





さて、このブログではいきなり6巻からの感想です。1巻から読んでますが、しっかり感想をまとめたいなと思ったのはこの巻が初めて。それだけ事態がぐぐっと動き始めたと言うことでしょう。ところが、いざ書き始めると文章が全く出てこない。言いたいこと、書きたいことはたくさんあるのに、脳内でぐるぐる渦を巻いて手がつけられず。しばらく書きあぐねていました。

また、読んだ感想のひとつに挙げた「伏線の使い方がエレガント」。伏線が『伏線ヅラ』せず、何気ない会話の中にさらっと入り込んで、読み返して『あ、これがあの時の…』となる仕掛け。この『エレガント』がどこから出てきたのか印象論の枠を出なかったのもまとめづらかった理由だったんだけど、整理してみると「情報の管理がうまい」点に行き当たります。

なにがどううまかったのか。なぜ書きあぐねていたのか。

6巻の感想がまとめづらかった解消がてら、『その情報を』『誰が』『いつ』『どんな経路で』知ったかをざっくりまとめてみようかと。本エピでも重要な情報『[子宮と卵巣]という言葉』をキーワードに、“羊殺し”界隈のことをストーリー展開に沿って追って行きたいと思います。

あくまでキーワード周りに集中しているので、メモしてないエピもあります。また、読者目線でまとめているので、犯人が本来知ってる範囲ではなく、あくまで表層上の流れを拾っている点はご理解ください。あ、個人的なメモなので間違いや見落としはあると思います。その時は笑って許してやってください。

百均の付箋はすぐ落ちるからキライだーw




■9月、事件発覚■
・同日夜7時以降:竹之内に東京都観察医務院から連絡。(久保園へあかりからの電話の直後。時間の根拠は按察使文庫の開館時間)



・同日夜半:東京都観察医務院にて竹之内・久保園、遺体検分。持ち去られた臓器を把握(読者には伏せられている)


・同日夜半:竹之内から雪村に第一報。雪村は事件を知らなかった。この時点で竹之内は『内臓の一部』と証言。 同伴のあかり、谷名橋は電話の内容を知らない



■翌日■
・朝(おそらく):あかり、新聞で事件を知る
・昼(薫子証言):雪村、TVで内容を確認する。マスコミは警察発表をそのまま流用し「怨恨による殺人」と報道。内臓が抜き取られたことは触れられてないので、あかりは知らない


・同日昼:雪村と竹之内電話。内蔵の話が出ないのは2003年と同じ理由、1991年で『犯人を死刑にしているから』。
・同日昼:あかり、三鷹図書館で1991年と2003年の新聞縮刷版を閲覧、“羊殺し”について調べ始める

・同日夜:日比谷公園で雪村と竹之内接触。雪村、被害者の解剖所見(部分)のコピーを読む。ここで[子宮と卵巣]を把握。コピーは竹之内が回収。


・上記同時刻頃:あかり、按察使文庫で雪村の帰宅を待つ最中、美和が来訪。美和、午前1時で閲覧予約を入れている。美和、あかりとの会話で「匂い」に触れる

・同日25時(翌午前1時):あかりと美和、帰宅した雪村に“羊殺し”の質問。雪村答えず、「面倒なことが起きた」とだけ。
雪村の言う『面倒』とは『“羊殺し”殺しはシリアルキラーの法則に則ってないかもしれない』。あかりはそれを雪村に問い、結果的に美和へ伝える形。谷名橋の言葉を気にしている雪村へ、美和は「この数年の猟奇的な犯罪を調べて洗い出す」と返答。
※雪村の悩みを受け、あかりが谷名橋の言葉を察して“羊殺し”への誘導装置になってるなと思ったシーン。


・同日深夜(翌早朝):あかり・美和、帰りのタクシー待ちでの会話。前回(2003年)の事件は遺体の損傷について書かれてないこと。91年で犯人は捕まり死刑になっているから。美和、見送りの会話で「若い女性が殺される事件」に触れる


※現時点、被害者家族(以下省略)と犯人以外で『子宮と卵巣』を知っているのは竹之内、久保園、雪村
※あかり、美和、谷名橋は茅野亜沙子殺しは報道内容程度しか知らない



■三日後■
・同日昼間:警察、被害者の交際相手を指名手配。マスコミには名前は伏せられる。竹之内、照会から『紫堂邦明』と把握。雪村に伝えられる


・同日夕刻〜:夜勤やえいかん職員達、オキナガである紫堂を追跡。
・同日夜間:やえいかん職員と紫堂の立ち回り先をあたった後、按察使文庫へ。雪村、紫堂の足取り確認。雪村の『ひとりごと』にあかりつっこむ。その最中「匂い」アクション。紫堂の人物解析から、あかりが雪村に疑問を募らせる。

ここへ須本と谷名橋、来訪。谷名橋、1967〜2003の羊殺しの資料を返却。犯人像が「判らなくなってきた」。
持ち去った臓器は1967(S42)腎臓、1991(H3)越谷事件では小腸と大腸の一部、2003(H15)肝臓。美和、ここで先週起きた茅野亜沙子事件の被害者の家族を持ち出し、死体損壊の可能性を示唆


雪村、「内臓を抜き取られていた」ことを美和、あかり、谷名橋に告げる


谷名橋、紫堂の名を挙げ雪村に実話パンチの記事の内容を伝える


※現時点、犯人以外で『子宮と卵巣』を知っているのは竹之内、久保園、雪村。『内臓を抜き取られた』まではあかり、谷名橋、美和


■翌日■
・同日昼間:カフェであかりと美和お茶。『実話パンチ』の内容確認。「白い髪の少年」と昭和30年の事件の関わりに気づく
・同日夜:横浜、保土山霊園にて雪村、棗の墓参り(棗は無縁仏に埋葬)
・同日同時刻頃:あかり、美和、按察使文庫にて雪村の帰還を待つ(どこに行ったかは知らない)。谷名橋も按察使文庫に滞在。調べ物中であかりと美和とは別テーブル
・同日夜11時頃:あかりと美和、記事になった茅野亜沙子殺しについて話す。谷名橋がそれに軽く口を挟む(二つのテーブルの距離はそれが出来る程度の近さ)。美和、オキナガと一般人のカップル成立から紫堂の殺人目的を推測(誘導)その際、『子宮と卵巣』を言葉にする。聞いているのはあかりと谷名橋


※現時点、犯人以外で『子宮と卵巣』を知っているのは竹之内、久保園、雪村、あかり、谷名橋、美和
 ルートは『竹之内→雪村』と『美和→あかり、谷名橋』の二つ。(久保園は竹之内ルートに含まれるが、直接雪村と話してないので省略)



さて、7話までに広げられた伏線のひとつ[子宮と卵巣]がどのように回収されたか、その流れを追ってみます。

・同日深夜(翌日早朝):あかり、美和、谷名橋、横浜で重症を負った雪村に、按察使文庫から着替えを持って来院、つきそいの久保園と合流。その際、エレベーターで入来・植木とすれ違う。入来とあかり、挨拶を交わす。美和、入来をオキナガと看過する。

・同日深夜:病院後、飲み屋であかり、美和、谷名橋、久保園が飲む。美和の「雪村魁と津野田棗を追いたい」意図、久保園把握。祖母の話をしようとするあかりと美和をたしなめる。


美和に電話、あかり、久保園、谷名橋には「失恋した友人」と話す。解散後美和はタクシーで本牧埠頭へ。久保園と谷名橋は始発まで飲む


■三日後■
同日夜:雪村へあかりから紫堂死亡の一報。あかりはニュースで知る


■翌日■
・同日夜:美和、雪村に取材で判明した紫堂の死亡状況を説明(この時の美和、ハイネック)。あかり、等々力に立ち寄り後来院、入れ替わりに美和退室。あかり、紫堂自殺に疑問を抱く台詞の中に[子宮と卵巣]を発言。

雪村、あかりの質問に答え棗と会っていた白い髪の少年は自分だと話す。あかり、津野田棗は自分の祖母かもしれないと雪村に話す。雪村、最終判断は戸籍を確認してからとする


※二つのルートで流れた[子宮と卵巣]という情報が雪村に合流する


■翌日■
・同日夜:休暇のあかりに代わり久保園が来院。雪村、警察からの資料を写真付で閲覧

■二日後■
・同日夜:雪村、あかり、久保園、谷名橋で紫堂の自殺が偽装である可能性を検証



■数日後■
同日夜:雪村退院、按察使文庫に戻る。週刊ゲンロン、“羊殺し”を大々的に掲載


来訪した美和に入来から聞きだした紫堂の懺悔「二股」と「匂い」で揺さぶりをかけ、[子宮と卵巣]を切り出す。さらに紫堂殺しの件も問い詰めるが、「言ってない」とシラを切り証拠もなく逃げられる。


週末に神戸へ行くこと、津野田棗の旧姓であること、棗があかりの祖母であることを突き止め、調べにいくと言い残して去る。話の後谷名橋登場、物証がないから無理と指摘する



とまあ…こんな感じ。…整理したらもやもやが晴れたーちょっとだけ!(笑)

こうしてみると情報の拡散と収束の流れがよく見えて、気づかなかったこといろいろ。あと、マンガの特性でもあるカット割と、台詞の吹き出しが『目くらまし』の役割も果たしてるなと。谷名橋のこと(後述)気づかなかったもんw

もちろんミステリーだから、情報の出し方に気を配るのは当たり前だけど、6巻では特にそれを強く感じたり。くすっと笑えるシーン、何気ないおしゃべりにすっと差し込まれたワードが、実は物語の方向性を変えていく重要な舞台装置だと後で気づいて何度も読み返す。その『何度もの読み返し』に耐えられる内容だから面白さが上書きされていくんですね。


↑『レディホーク』大好きな映画です。まだ太ってないルトガー・ハウアーかっこええ

オキナガと人間の恋愛を例えるのに映画『レディホーク』を持ってきたり、おじさん雑誌の情報の誘導方法など、ゆうきまさみ本人の知識や見識が物語の厚みに一役買っている。それが『物語を潤す情緒』として、乾いたストーリー展開に適切な水分を与えているのが良いところ。自分が『エレガンス』と感じた由来なのかもしれません。


↑おじさん雑誌の記事の作り方は確かに「マスゴミ」かもしれない。でも需要があるから供給される。「『マスゴミ』を育てているのは『ごく普通の人々の集合体=大衆』でもある」という考え方はゆうき作品を堪能する上で持ってていい見解のひとつかもしれない


■須本美和■
最後の最後で逃げを打った彼女だけど、内心はどうだったんだろうか。繰り返される『私は大丈夫』の呪文で、人を殺す前の自分を取り戻し続けていたんだろうか。



記者としての姿勢、実は自分は好きで、よく言えば胆力があり、悪く言えば往生際が悪い。自分が殺した娘の家族に頭を下げたのは『記事のため』。雪村の逆鱗を踏みにじろうとも、“羊殺し”の真実を追い求めたい。

人殺しで嘘つきで厚顔な彼女だけど、これだけは分かる。「“真実を知りたい。自分の手で世間に知らしめたい”記者としての熱意と本能」は本物だった、と。光明苑の件を勉強したのもそのため。少なくとも、彼女は『事実』に対して誠実、ではあった。


その『本物』も、自分自身で嘘にしてしまったけれど。自身の犯罪を隠すため紫堂の恋愛事情をぼかしてしまった。それが文字とおり命取りになってしまったけれど。「『こんなことで』崩れたりしない」彼女がいとも簡単に崩れた原因は、オキナガの『匂い』だったのだろうか。


■谷名橋■

いや食わせ物だねコイツ。
報道されてない紫堂の名前を知ってるわ、『子宮と卵巣』を聞いていながら、雪村が美和を問い詰めてる時に出て行かないわ。何考えてるのか分からないね。

まあ、按察使文庫で初めて顔をあわせたにしても、雪村の知らないところで美和と谷名橋が記者仲間として繋がってても不思議じゃないよなーとは思うけど。この後も出るのかな。

ただ、谷名橋自身が殺人に手を染めてるかと言うと、個人的には「どうかなー」と。彼はあくまで解析者であって、客観的に観察するタイプの研究者。自ら殺人を犯すことで理解できることと、それにより被るリスクの計算ができるような気がするんです。

また、美和は記者、つまり谷名橋と同属な訳で、同じ“羊殺し”の見識を補足しあう『情報源』としてお互い利用しあえる立場だったかもしれないなと。記者という職種は、情報源を大切にするって印象がありますんで。…ありえるとしたら、紫堂の偽装に手を貸した可能性かな。もっとも、そこまでのリスクを負ってでも彼に得るものがあった場合、って前提になるけれど。

あと、谷名橋が仮に“羊殺し”と繋がっていたとしても、美和殺しに関してはノータッチだっただろうなーというのもありますね。

全部仮説の話です、すみません。


こんな台詞が入ると、すごくゆうきまさみテイストだなって思う。


■入来■
夜行教会のワケアリ神父。竹之内より古い外国人のオキナガ。これだけでもうキャラが立ってる。そこに「大きな羊は美しい」って言わせたら、胡散臭さ大爆発じゃないですかヤダー。「キリカちゃんをオキナガにしたのはコイツかなー」ってちょっと思った。“アレ”っぽく見えるけど、何かを考えるには情報が足りないので保留。

あかりとすれ違ったシーン。得体の知れない存在ながらもどこかユーモラスなシーンだなあと。



■紫堂邦明■
棗殺しの犯人じゃなかった上、茅野亜沙子殺し=“羊殺し”の犯人に仕立て上げられて殺されてしまった、第二の被害者にしてミスリードという生贄の羊。土曜ドラマで実写化したら谷原章介にやって欲しいなと。



ちょっとだけ気になったのは、殺された亜沙子の顔にタオルかけたのは紫堂なのかなって。というのも、冒頭の殺害現場の死体には、顔と腹部にタオルをかけてあったから。紫堂にそんな余裕はあったとは思えないし、タオルをかけるのは『顔見知りの加害者が自己の罪悪感から逃れるため』と言う説もあるし。

まあ雪村は現場写真を見てないし、紫堂が驚いたコマはあくまで『雪村の想像上』なので気にすることはないんだけど。描き忘れという可能性もあるしね。


■按察使文庫と薫子さん■
『殺人図書館』と称される豊富な書物は最初から揃ってた訳じゃなかったんだ。いわば雪村と薫子さんの共同作業(?)だったと言うネタ。薫子さんがオキナガになった経緯や、按察使文庫の開館時間とかもさらりと紹介。『外国でオキナガになった』とか、どえりゃーネタじゃないですかっっ。あと実藤さんいつ寝てるんだろう…



■謎1■
美和が被害者の内臓を持ち去って“羊殺し”の仕業に仕立てあげようとした、ということは、美和はすでに『12年おきの連続殺人』を知ってることが前提になる。

しかし本編での美和は、1〜2話での雪村・谷名橋の会話で初めて知り、週刊誌が扱う記事として価値があると判断したとなっている。事実、美和の書いた“羊殺し”の記事は世間への第一報となりスクープになった。

そもそも『羊年におきる殺人事件』を追うのは雪村の『趣味』で、“羊殺し”と言う名称も当初は雪村が使っているだけ。



抜き去ったと報道した/しない関わらず、世間では認識されていなかった『ある特殊な事件』の『内容』が『連続殺人である』事実を、殺人を犯した時点で美和はいつ、どこで、誰から知ったのか。

ここで思い出されるのが一巻で殺されたジャーナリストのパソコン。そして成宮の娘の部屋にあったそれが物証として警察に押収されている事実…ろくでもない警察関係カナー??

■謎2■
美和を殺したのは誰か。本物の“羊殺し”、あるいは本物に繋がる誰かなのは確か。ただ、噛み跡は偽装かもしれないし、本当かもしれない。

美和の神戸行きを知っているのは雪村とあかり、谷名橋、週刊ゲンロンの編集者。神戸で美和が取材した人々。あるいは美和が情報源としていた『誰か』。見えない部分は予測でしかないから、どこかで打ち止めにしないと収集がつかなくなるんだよねえ。


■謎3■
美和を殺した“羊殺し”は、彼女が調べた神戸の資料、つまり『長尾棗と雪村魁』の関係を入手した可能性大。それ以外にも彼女がメモしたかもしれないあかりや雪村の情報があったかもしれない。“羊殺し”がどう扱うか、雪村やあかり、やえいかんにどんな影響を及ぼすかが分からないのが怖いところ。

マスコミ、省庁内、警察内。『一枚岩ではない』それらが、“羊殺し”とどう連動しているのか。

『個人個人の行動が社会に大きな影響を及ぼし、生じた波紋がさらに個人へ返りより深く大きな影響を与える』。死んだ美和が、大衆へ投げ込んだ“羊殺し”と言う波紋が雪村達やオキナガにどう影響を与えるのか。次の巻が楽しみです。








| comments(0) | trackbacks(0) | by LINTS
スポンサーサイト
| - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aquavitae2011.jugem.jp/trackback/129
トラックバック