<< 公正・公正は善きことじゃない | main | シドニアの騎士 1話『初陣』 #SIDONIA_anime >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | by スポンサードリンク
「あいつは、上に立つ才能は無かったんだよ」
…と、電話の向こうでそいつは言った。ちょっと憐れみを含んだ蔑むような口調だった。

私達の入ってたネットサークルの話だった。あいつ=彼が長に立候補したのは、サークルの参加人数が一番少ない時期だった。

それまでサークルの代表を務めていた人の退任と、MMOの台頭と、「TRPGを掲示板使って遊ぶなんて時代遅れ」という雰囲気が蔓延し、参加者の流出を止めることは出来なかった。

その中で、彼はあえて火中の栗を拾った。

彼は、ただの、TRPGの好きな人間だった。そして、そのサークルのことがとても好きだった。

残った人たちに抵抗されながらも、彼は改革を行い建て直しを図った。でも結局、参加者とそりが合わず、彼が掲げた「一人ひとりの良心による運営」という理想も、大量に戻ってきた古参に「机上の空論」と拒絶された形となり、結果的に疲れ果て、追い出されるようにサークルを去った。


「だからね、人の上に立つにはね、才能ってのが要るんだよ。
 あいつはそれが無かったんだよ」


電話の向こうで、そいつは何度も言っていた。


私はそいつに、一度面と向かって言ったことがある。

「そこまで言うなら、どうしてあなたが残って尽力しなかったの?」

彼らの言う『上に立つ才能のある人々』は、その頃誰もいなかった。才能ある人々が大切にするのは、自分自身だから、自分を削ってでも守るべき価値の無い存在を見放すのも早かった。



「どうして残って尽力しなかったの?」

それには答えず(答えられず?)、口ごもったことなどは忘れたかのように、電話の向こうで繰り返した。

「あいつは、人の上に立つ才能が無かったんだよ」


そうだね。確かに才能とやらは無かったかもしれない。

彼はTRPGを、そのサークルを好きなだけで、才能とやらがある人々から見れば取るに足りない、力量の無い、馬鹿にしてもかまわない人間だったかもしれない。


じゃあ、なんで、そんな人に『上』を任せる状況を作っちゃったのさ?
ただただ、TRPGを遊びに来た人にすべてを背負わせてさ。

一番大変な時期に、なんの手助けもしなかった人が、そんなことを言う資格って、あるのかねえ?


引き受けた方に責任はあるかもしれないさ。
それでも、才能をどうこう言えるほど、私はそっちが偉いとは思えないのは何でだろうね。


「あいつには、上に立つ才能がなかったのさ」


その言葉に、私はひとつの答えしか持ち合わせない。

そこまで言うなら、そこまで人を批判するなら、あなたがやればいい。
彼以上の『長』の才能とやらを、示すべきだ。
あるいは自分が『長』と認めた人に三顧の礼を尽くし就いてもらい、サポートに徹するべきだろう。
少なくとも、あそこはそういうサークルだ。


彼には、上に立つ才能は無かったかもしれない。
その、才能無き彼が心を折りながら繋ぎとめたサークルは今もある。

彼は、確かに才能は無かったかもしれない。
でも、そのサークルのことを、誰よりも愛していた。

もう、何年も前の、昔話だ。






| comments(0) | trackbacks(0) | by LINTS
スポンサーサイト
| - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aquavitae2011.jugem.jp/trackback/117
トラックバック