<< 『死んで生き返りましたれぽ』 | main | 『 #マッサン 』二ヶ月目のメモ書き >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | by スポンサードリンク
『その歳で、いつまでもキャピキャピした女の子をやるのはイタイしみっともないよ』
自分はTRPGが好きだけど、いわゆる巧いプレイヤーではない。よくGMの意図を読み違え、脱線する。いろいろ勘違いして、一緒に遊んでくれるPLに迷惑をかけている。ゲーム的てデータの解読は致命的に出来ず、いろんなことで、無理をしているなと自覚することもある。

それでも、やっぱり、ダイスを振ることが好きだし、みんなと一緒に先の見えないお話を辿るのがわくわくするし、何より、『女の子』のPCを動かすことが、大好きだった。

自分が『少女』というキャラクターが好きなのは、その存在自体が、自分にとって生命に触れるようなものだからだろう。もともと、キャラとして可愛い女の子やキラキラしたエルフ系が大好きだったこともあって、TPRGを通して、そういう存在に触れ続けることは、自分にとってとても掛けがえのないものだったのかもしれない。

そんな自分に、タイトルの言葉を、ある人が言った。

「同じ傾向のキャラばかりやらずに、
 もっと目を広げなよ」

そういう意図だと言う事は理解した。実際、自分も演じられるキャラの幅の狭さを分かっていて、もっと視野を広げたいと思っていた矢先のことだった。

その時は、考えのひとつとして聞いておく、と答え、話を合わせたが、後になって、猛烈な怒りが沸き、とても悲しくなった。

同時に

「ああ、こうやって世間から無理やり『歳をとらされていくんだな』」とも、思った。


『コンプレックス・エイジ』という、モーニング連載中のマンガを読むたび、そのことを繰り返し思い出す。その時には流した、解決したと思っていたその言葉が未だこうして、棘のようにうずくのは、自分は、やはり、ひどく傷ついていたということなのだろう。


本編の主人公は、アニメコスプレが好きで。年齢的にも若いとは言えず、身長的にもコンプレックスがあり。それでも文字とおりコスプレに『生命を賭ける』彼女の、その痛々しさや激しさは。ただひとつ「コスプレを好きな自分を、好きでありたい」想いに貫かれている。きっと彼女は、これからも、不当に奪うもの達と戦い、満身創痍でいろんなものを喪いながらも、かけがえのないものを手に入れ、笑いながら生きていくのだろう。

振り返れば、未だ立ち止まる自分がいる。

今では何が好きだったのかも思い出せない。女の子を演じるのが好きだからTRPGをやってたのか。ダイスを振り、卓のみんなとわいわい楽しい時間を過ごすのが好きだったのか。

かすかに覚えてるのは、ガープスのオンラインセッションで『あなたはヘルプもうまいし主人公タイプにもなれるPLだよ』と誉めてくれたGMの言葉だったが、それももう、過去の話だ。

自覚している。
ああ、自分は自分に負けてるんだなと思う。
戦いも出来ず、楽しむことも出来ず。

本当に好きなれば、気にせず続けていけばいいものを。キャラを作ろうとする度に、その言葉が蘇る。

イタイとかみっともないとか、関係ない。
私は、これがとても好きなのだ。

そう言い返せる、強さが足りない。そして、いくじなしの理由を、年齢のせい、仕事のせいにしている自分も、結局、その言葉を放った存在と同じ穴の狢なのだ。

コンプレックス・エイジ(1) (モーニング KC)
コンプレックス・エイジ(1) (モーニング KC)佐久間 結衣 講談社 2014-08-22売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools

コンプレックス・エイジ(2) (モーニング KC)
コンプレックス・エイジ(2) (モーニング KC)佐久間 結衣 講談社 2014-11-21売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools

| comments(0) | trackbacks(0) | by LINTS
スポンサーサイト
| - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aquavitae2011.jugem.jp/trackback/101
トラックバック